自己紹介の書き方をマスターする

自己紹介を書くときのポイント

結婚相談所で相手を紹介してもらうとき、まず見るものって自己紹介文ですよね。もちろん顔写真も気になるところですが、多くの人が顔写真ではなく、相手がどんな人かによって会うかどうかを決めています。自己紹介を見て「この人と会ってみたいな」と思ってもらうには、3つのポイントを押さえることが大切です。まず、適度な長さで書くこと。長すぎると読みたくなくなるし短すぎると興味すら持てないので、丁度良い長さが大切です。 次に自分の趣味や好きなものを書くこと。共通の趣味が見つかれば話が弾むし好きなものを一緒に楽しむことができます。そして、将来について考えていることを書くこと。「子供が欲しい」、「楽しい家庭をつくりたい」、「お互いに支え合える関係を築きたい」といった内容を書くことで相手との将来がぐんと想像しやすくなります。自分の良いところを知ってもらうことを第一に考えて書きましょう。

やってはいけないNGポイント

自分について知ってもらうことは大切ですが、なんでも書けばいいということではありません。結婚相談所の自己紹介を見ただけで会いたくないと判断されてしまうのは不利ですよね。そのためには、マイナスなイメージになることをなるべく書かないようにすることが大切です。例えば、「趣味はパチンコです。」、「家事ができません。」といった内容が書いてあったら、もちろん良い印象は与えられないですよね。また、個性を出しすぎることも悪い印象に転んでしまうことがあるので要注意です。 あまりに他の人と違うことを主張しすぎると、「変り者なのかな?」と思われてしまうかもしれません。特に日本人は「普通」を求める傾向がありますからね…。最後に、当たり前のことですが嘘を書くことが最もやってはいけないことです。職業や年収を偽っていてもいずれはばれてしまいます。本気でお相手を見つけたいなら、ありのままの自分を知ってもらいましょう。